SOBA PASTA「そばパスタ」パッケージデザイン

白河関のそばの製造卸売をされている株式会社カタノ様が開発した新商品「そばパスタ」。若い世代の方に食べていただきたい、と白河市野出島地区で耕作放棄地を再活用したそば粉を使用し、新しい白河市の食文化とお土産の一品の誕生となりました。私たちの食からも持続可能な社会を目指すSDGsの取組をはじめることができる、その思いを優しさを感じさせるイラストで表現し情報を削ぎ落としたシンプルなデザインを目指しました。

片野社長はじめ奥様、Pお料理提供のTAVATAさん、動画制作の担当のStadio Reef さんともご一緒し刺激をたくさんいただいた現場となりました。また、第7回新東北みやげコンテストに出品され、入賞することができました!これを励みにこれからも良いご提案ができるよう努力を惜しまず精励いたします。

白河JC50周年記念ロゴデザイン

公益社団法人白河青年会議所が50年という節目を迎えるにあたり、光栄にも記念すべきロゴデザインの制作のご依頼を承りました。復興を意味する白河のシンボルでもある小峰城の石垣をモチーフに、ご指定いただいた条件をクリアする表現が出来、白河JCの皆さんに喜んで頂き大変嬉しい限りです。

 

 

中島産トマト米こうじ甘酒誕生!

中島産トマトを使用した米こうじ甘酒が誕生しました!3種類のトマトを使用し、フレッシュな青トマト、果実感のあるゴールドトマト、トマトの風味が濃厚な赤トマトでトマトから発酵させた製法は全国的にも珍しいとのこと。白河市東の山口こうじ店さんで製造、水の谷工芸はラベルデザインを担当いたしました。

表現する上でまず「トマト」を使用した商品であることの他に「特別感」をプラス。トマトのヘタの部分を王冠のようにし、色調も「トマト」が際立つよう考慮しました。「甘酒」は和のテイスト、「トマト」は洋の素材、二つのテイストを大正ロマン風にすることで新しくも落ち着いた雰囲気に仕上げました。

購入はなかじま産直館・きらっしぇ(KIRASSHE)にて購入いただけます。

福島県西白河郡中島村大字滑津 字中ツ島33− 1
TEL0248-52-3434
10時00分~18時00分
定休日/毎週水曜日、年末年始

2020年10月12日にお披露目&試飲会が開かれた様子が福島民報社さんへ取り上げられました。記事内容はこちら

 

田園風景に映える♪ 誘導サイン制作

シクラメン農家さんご依頼の誘導看板。出荷用のトラックがいつも迷ってしまう、という事でご依頼いただきました!白ベースに黒1色が田園風景に映え、シンプルでとても素敵です。中島村や福島県の条例では看板に使用される色の彩度は12以下という数値で定められています。また、歴史的遺産を保有する白河市は独自の条例を定めており、さらに厳しい条件で施工するよう求められています。目立たなければ看板の役割は果たせませんが、素材や見せ方などで地域の看板屋さんはそれぞれ工夫しています。

アマビエお守りを福島民報さんの記事に取り上げていただきました。

法人化1年を記念しお客様へDM発送した弊社オリジナル「アマビエお守り」。購入したいというご要望を受けこの度販売することと致しました!福島民報さんにも取材いただき沢山のご注文を頂いております(2020年7月31日掲載)。誠にありがとうございます。売上金は全て新型コロナウイルス対策へのワクチン開発や医療機関への寄付させて頂きます。お振込のご案内となりますが、発送も承っております(送料別途:普通郵便にて発送/8個まで140円/9個〜210円)。

◎現在製造中で、ご注文頂きました方から順次発送させて頂いております(8月6日現在)。お待たせしており大変申し訳ございません。一つ一つ手作業にて仕上げておりますので何卒ご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

 

吉田技建様 施工実例集vol.5完成

有限会社吉田技建様(白河市)の施工実例集vol.5が完成致しました!新築に加え、マンションリノベーション物件も記載。

今回も取材・文章はことの葉つむぎの竹井氏、写真撮影は鈴木心写真館いなわしろさんにお願いしました!

お家を建てる方のアイディアにはもちろん、読んでいてとても微笑ましい1冊に仕上がりました。

(カタログのお問い合わせは吉田技建様のサイトからお取り寄せ下さい。)

事業引継から1年を迎えました

お陰様で先代の会社を引き継ぎ法人化1周年を迎える事が出来ました。これもひとえに地域のお客皆様のご支援ご協力があってのことと厚く御礼申し上げます。この感謝の気持ちをお伝えするとともに弊社で作成したオリジナルお守りを作成し、お客様や協力会社様へDMを発送させていただきました。

 

ご利益があるよう南湖神社にてご祈祷していただきました。これからもお客様のご商売のお役に立てるよう努力して参ります。

二代目 西山よしえ

佐久間産業株式会社様 アグリ事業「福壽きくらげ」パッケージデザイン

佐久間産業株式会社様(福島県岩瀬郡鏡石町)

自動車部品やロボット製造をドメインとする佐久間産業様がアグリ事業として進出された「きくらげ」生産。国産の「きくらげ」がそもそも珍しい印象の中、社長から直接お話しを伺うとその並々ならぬ「きくらげ」生産への熱意と企業努力に感動しました!どんなに「きくらげ」という食材が私たちを健康へと導いてくれる食材であるか、生産がいかほど難しいものであるか、聞けば聞くほど「0から1」へのスタートは簡単なものではありません。実際に頂いてみると、生のきくらげのプリプリとした肉厚の食感がすごい!!!しかも食物繊維がごぼうの約3倍!!!現代病とされる高血圧にも良いとの評判で卸している直売所でも完売だそうです。そんな中パッケージの見直しが入り弊社へお声がけ頂きました。

まず、商品名を「福島の福」と「元々の商品名にある壽」から「福壽」とする事をご提案。新たに「福壽きくらげ」としてデザインを致しました。実際のきくらげを目にした時の愛らしさが何とも言えずその生命力を感じデザインした形状は「花のように愛らしく、おめでたい八つのひだから更に拡がっていく様」を考え抜きました。

実際のパッケージ↓生きくらげ

乾燥きくらげ

粉末きくらげ

きくらげ佃煮(新商品)

直売では道の駅やヨークベニマル各店で購入ができ、旅館や飲食店への販路も拡大中。鏡石町のふるさと納税返礼品にもなりました!

玉川村 こぶしの里

天栄村 季の里

ぜひお買い求めください♪